ホーム » 社会性の欠如 » ちょっとしたメモだって立派なビジネス文書。伝わらなければ意味ありませんよ

ちょっとしたメモだって立派なビジネス文書。伝わらなければ意味ありませんよ

読了までの目安時間:約 5分

もちろん、すべての方がそうとは言えないので、十把一絡げ(じっぱひとからげ)にとらえるのは問題かもしれないが…

 

概して、おばさん(←これも失礼な言い方だと思うが、他に思いつかない)というのは、備わっているべき社会性が欠如しているように感じる。

 

社会人なら当たり前のこととして身についていることが、おばさんになるとゴッソリ抜け落ちていることが多い。

 

まあ、家庭のこととか育児のことが中心であり、正社員としてまともに就職する機会がなかったのかもしれないから、ある意味仕方ないのかもしれないが。。。

 

 

社会性の欠如。たとえば、上司への礼儀だったり、場の空気を読むチカラだったり。

 

なかでも「仕事上の文書」については、本当に稚拙さを感じる。

 

例をあげてみよう。

 

望月紀江

 

上の写真は、社員の△△さん(女性)がメモ用紙に書いた業務上の連絡である。

 

12/1 西側 自動ドア入口 蛍光灯 切れ 2本

 

なんだか、単語を並べただけのような感じで、イマイチ文章になっていない。

 

もちろん、「自動ドア入口の蛍光灯が2本切れている」ということは、なんとなく予想できる。次の日に出勤して確認すれば判明することだ。

 

ただ、翌日出勤者がその問題をどうすればいいのかが書かれていない。これを読んだ人は、いったい何をどうすればいいのか?

 

交換すべきなのは当たり前だが、もし現場に蛍光灯の在庫がなかったら、まずは取り寄せの連絡をしなければならないだろう(備品の在庫がないことはよくある)。

 

そうなれば、さらに翌日の出勤者にその旨を伝える必要も出てくる。

 

つまり、とても不親切なメモなのだ。

 

できれば在庫確認や取り寄せの手配まで済ませておき、その旨を書いておいてくれれば、翌日の出勤者も気持ちよく仕事を引き受けることができるはずである。

 

 

もう一つ、例をあげてみよう。

 

これは写真はないが、社員の〇〇さん(女性)が書いた安全会議の議事録メモである。

 

無事故で仕事をしていきましょう。→目配せ、気配せが大切

 

前半部分はいい。だが、問題は後半の「目配せ、気配せ」だ。

 

「目配せ(めくばせ)」は、目つきで知らせたり合図することという意味の言葉。好意を抱いている男性に女性が目配せしたり、女性同士が目配せしてクスクス笑ったり。

 

無事故で仕事をするために目配せする状況も、あるにはあるかもしれないけど、ちょっとどうだろうか(笑)

 

そして「気配せ」。

 

これはいったい何と読むのだろうか?実は今、この文章を書いていても読み方がわからないから、「気」と「配」をそれぞれ分けて変換した。

 

「きくばせ」と読めないことはないが、パソコンで変換しようにも「気配せ」という単語は出てこない。

 

原小夜子

 

正解は、「目配り、気配り」。

 

もちろんこれくらいのことなら、なんとなく予想できる。だが、もっと重要な連絡事項で内容が伝わらなかったとしたら、それこそ事故につながらないだろうか?

 

たとえチラシの裏に書いたメモでも、業務上何かを伝えたいなら、それは立派なビジネス文書である。

 

細かいことだろうが、目配り・気配りは大切ですよ。

 

 

(追記)

 

これはメモ書きではないが、会話中の言葉でもおばさんは間違いが多い。

 

この間で会議で、「交通マナーを遵守(そんしゅ)する」と思いっきり言っていたおばさんがいた。

 

正しくは遵守(じゅんしゅ)。私より年上だろうに、まったくやれやれだ。

 

望月紀江

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは4件です

  1. aya27 より:

    「あー、これ、よくわかる!」と思ってコメントせずにはいられませんでした♪

    私もおばさんが多い職場で働いているのですが、仕事のメモで同じような経験をしてます。

    うちでも漢字の間違いばかりだし、何が言いたいのかよくわからないメモばかりだし。

    でも、アラサーの私だってもうおばさんですよね(^_^;)

    言葉一つ一つにも気配りできるような、素敵なおばさんになりたいものです。

    • yui より:

      aya27さん、コメントありがとうございます。

      まあ、普通に生活していて「文章を書く」という行為自体が減っていますよね。

      例えば、私のようにこうやってブログを書いていれば、ネット上に公開する以上、どうしても言葉に気を使わなくてはいけませんけど、普通の人はそんな機会はないでしょう。

      言葉だけでなく、文章の構成とか伝え方とか表現とか、普段の生活では考える機会はないと思いますので、漢字にも意識が向かないんでしょうね。

      >言葉一つ一つにも気配りできるような、素敵なおばさんになりたいものです。

      そう意識しているaya27さんは、それだけで十分素敵だと思いますよ♪

  2. じゅんぺい より:

    ブログランキングから来ました「じゅんぺい」といいます。

    僕の職場にいるおばさんと似ていたので、とても共感しながら読ませていただきました。

    写真のメモを書いたおばさんですが、自分はトラブルの内容がわかっているから、あんな低レベルのメモでも伝わるだろうと思っちゃうんでしょうね。

    あと、業務上のメモにだって礼儀があることを知らないおばさんも多いですよ。上司への連絡メモなのに、くだけた文章とか。

    うちもアホなおばさんばかりで本当に大変です。

    おたがい頑張りましょう!

    • yui より:

      じゅんぺいさん、コメントありがとうございます。

      たしかに「書いたら書きっぱなし」というおばさんは多いですね(汗)

      読み手の立場に立って読み返し、「これでちゃんと伝わるかな?」と考えたりはしないと思います。

      仕事のメモですからねぇ。もうちょっと責任感をもってほしいところです。

プロフィール


yuiです。清掃の仕事をしています。

注目記事
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント